芸能界はなぜ一発屋が多いのか

芸能界、とくにお笑い芸人にはなぜ一発屋が多いのでしょうか。

波田陽区やレギュラー、最近だとスギちゃんも消えてしまいましたね。

長続きしている人たちはグルメ番組に出ていたり、バラエティー番組の司会をしていたりして
かなりの金額のお金を稼いでいるようです。

たしかに一定のメンバーがずっとテレビ業界に居座るよりは枠の流動性があった方が
視聴者側にとっては飽きがこないのかもしれませんがちょっと残酷な現実ですよね。

逆に有吉弘行さんみたいに消えたと思っていた人が再度帰ってきた例もありますね。

事務所の力関係とかも影響しているのでしょうけど再度復活できるというのはかなり珍しい例だと思います。

ただ、テレビに出られなくなったからといって人生終わりかと思えばそうでもないようで、
たとえばテツandトモは地方営業で忙しいらしく、むしろテレビ出演しているときよりもギャラが良いという話をよく耳にしますね。

一回有名になったらそのネタが鉄板になってイベントではわりと重宝されるのでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です